Blog

201365762617

妊娠中のアルコールの摂取は控えなければなりません。
では妊娠中の飲酒は何故悪いのでしょうか?
以前よりアルコールは胎児に悪いと言われています。
妊娠中に飲酒をすると、アルコールの影響が直接、赤ちゃんに届いてしまうのです。
2004年からは酒販メーカーの自主規制として、妊娠中及び可能性のある女性への注意が表示されています。
最近、増加傾向にあると考えられている母親の飲酒と胎児性アルコール症候群について調べてみました。
胎児性アルコール症候群とは、赤ちゃんが母親の胎内にいる間の飲酒の影響で発達障害や学習障害を起してしまうことです。
日本だけでなく世界中で妊娠中に気をつけるべきこととして取り上げられています。
中枢神経に異常がある場合、学習障害や多動になりやすいと考えられているのです。
それ以外にも出生前から発育不全になりやすく低体重が多く見られます。
母親や父親がアルコール依存症や胎児性アルコール症候群と診断された場合でも、生まれてくる赤ちゃんが必ずしも遺伝的な胎児性アルコール症候群になるわけではありません。
胎児性アルコール症候群に陥る原因としては、妊娠中の母親のアルコール摂取によるものです。
アルコールを摂取すると血液中のアルコール濃度が上昇し、お腹の中の赤ちゃんも飲酒している状態になります。
同じ様に血液が原料になる母乳も、飲酒することでアルコール入りの母乳になってしまうのです。
それではどうやって胎児性アルコール症候群を防げば良いのでしょうか。
まずは決められた期間内は飲酒をしないことが一番です。
お酒好きな母親には厳しいかもしれませんが、赤ちゃんのことを考えたら出来る限り禁酒を行うことが大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。